グローシップ・パートナーズ株式会社

柴原直浩アナリスト

フィットネス業界、人材業界を経てグローシップ・パートナーズに入社。 現在、インフラ構築とアプリ開発に従事。

Q1.なぜグローシップ・パートナーズに入社したのですか?

前職では、建設会社と現場監督のマッチングなど、建設業界に特化した人材サービスに携わっていました。しかし、業務を進めていく中で感じたのは、自分が関わることのできる領域が非常に限定的であるということでした。そこで、業界や商材に制限されずに企業の課題解決のサポートがしたいと思い、コンサルティング業界に興味を持ちました。 グローシップ・パートナーズを知り、興味を持ったきっかけは、転職サイトに掲載されている社員インタビューでした。 その後、自分で調べた時点でのグローシップ・パートナーズの印象としては、スタートアップならではの仕事の裁量の大きさと、現在BIG4の一角を担うEY Advisoryの日本法人を急成長させた松井さんが手掛ける会社であるということのみでした。 しかし、選考に進み、会社の理解をさらに深めていく中で、面接を担当してくださった取締役の方に魅力を感じました。 IT業界は正直に言うと入社前からそれほど関心があったわけではなかったのですが、面接を通してグローシップ・パートナーズは、システム開発だけではなくコンサルティングサービスにも力を入れていることが理解でき、入社後、仕事を進める中で様々なスキルが付くだろうなと思い入社を決めました。

Q2.入社後の仕事について教えてください。

s_n-q-1
s_n-q-1

現在、お客様のシステムのインフラ構築とアプリ開発をメインに携わっていますが、上司の方の協力のもと、徐々にお客様と直接打ち合わせをさせていただく機会も増えてきています。 毎日がインプットの繰り返しで、一つ一つ整理しながら業務を進めるのは大変ですが、その分やりがいはあり、会社で標榜している、いわゆるフルスタックコンサルタントになるべく日々精一杯取り組んでいます。 仕事はそれなりにハードですが、業務量や技術のキャッチアップに忙殺され全く歯が立たないというわけでもなく、業務量のコントロールも融通が利きますし、夜はしっかり寝られています。(笑) また、若手社員が多いので分からないところに関しては常に質問がしやすく、仕事をスムーズに進めることができます。

Q3.グローシップ・パートナーズの魅力を教えてください。

s_n-q-2
s_n-q-2

仕事に関しては、自分で限界を決めなければいくらでも挑戦できますし、グローシップ・パートナーズは何より、若手のチャレンジを後押ししてくれる環境が整っています。 その分自分で自分の仕事に責任を持って進めなければなりませんが、若手からコンサルタントとしての実力をつけるのならまさにベストな環境だと思います。 また、経営層の方々ともとても距離が近い点もスタートアップならではの魅力の一つです。会社としての意思決定がスムーズに進んでいくのを間近で見ることができます。

Q4.将来目指すコンサルタント像を教えてください。

s_n-q-3
s_n-q-3

しっかりとシステムの理解ができ、お客様の本質的な課題解決に取り組めるITコンサルタントとしてのスキルを伸ばしていきたいです。 今は目の前の仕事に全力で取り組み、システム開発のノウハウやロジカルシンキングを体系的に学んでいき、徐々にITコンサルタントとして大成していきたいなと思います。

Q5.応募者にメッセージをお願いします。

s_n-q-4
s_n-q-4

私は、入社前と入社後で、いい意味でギャップを感じませんでした。面接で受けたとおりの印象を入社して働く中で同じように感じています。グローシップ・パートナーズは下手に飾っておらず、若手社員も多く、非常に自由な社風だと思います。 業界未経験での私でも、入社以降、何とかITコンサルタントとしてスキルを身につけられていることを日々実感できています。 現時点でIT業界に興味がない人、あるいはプログラミング未経験者でも、一度話を聞きに来る価値は大いにあると思います。皆さんのご応募お待ちしています!一緒に働きましょう。

Recruit info

GrowShip Partnersはあらゆるビジネスシーンで活躍可能な一流の人材を目指せるプラットフォームでもあります。
私たちと一緒に、優れたビジネス成果を生み出す「市場価値の高い人材」へと成長していきませんか。

募集要項へ

企業情報

企業概要
企業理念
アクセス

コンサルタント募集中

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook