RPA×OCRソリューション | グローシップ・パートナーズ株式会社

RPA×OCRソリューション

RPA×OCR

OCRソリューションとRPAを組み合わせることによって、今まで自動化・効率化が難しい、苦手とされていた紙媒体を利用している業務をRPAの対象にすることができます。

RPAとは

RPAとは、Robotic Process Automationの略語で、認知技術を活用して、オペレーション業務の効率化・自動化を実現するツールです。RPAツールを用いることで、定型業務を自動化でき、コスト削減や業務品質向上、人的資源の確保などを実現することができます。

RPAの得意領域

RPAの得意領域は主に「反復業務」、「データ化業務」、「定型業務」の3つに分けることができます。

反復業務

・繰り返し行われる業務   

データ業務

・データ化されている情報を扱う業務

定型業務

・一定のルールに従って行われる業務

OCRとは

OCRとは、Optical Character Recognition/Readerの略語で、スキャンやキャプチャした手書きや印刷された文字を読みとり、コンピュータが認識できるデジタルの文字コードに変換するテクノロジーです。また、読み取った文字をデータ化して統一されたフォーマットに出力する機能が備わっている場合もあります。

RPAとOCR

RPAとOCRを組み合わせることで、RPAの適用可能な範囲が大幅に広がります。例えば、受注業務では、紙媒体の伝票をOCRで文字読み取りを行い、電子化されたデータを業務システムに入力する作業を自動化することが可能になります。
但し、一般的なOCRでは、日本語の手書き文字の認識精度にまだまだ向上の余地があり、読み取り結果に誤りが無いか人間が確認する必要があります。

AI OCR LAQOOT

OCRの読み取り精度が100%ではないため、人間によるチェックが必要ですが「AI OCR LAQOOT」サービスでは、独自のプロセスにより理論上100%の読み取りを実現しています。

RPA×OCR活用事例1 アンケート結果の自動集計化

セミナーの参加者に手書きで回答してもらったアンケート結果を社内のデータに記入する業務です。RPAとOCRの組み合わせによって紙のアンケートを見ながら入力する処理が従業員の手から離れ、業務効率化を実現することができました。

RPA×OCR活用事例2 紙ベースの伝票処理自動化

フォーマットが異なる伝票を管理システムに登録する業務です。紙伝票をExcelデータに変換して、情報の規格を統一かすることでロボットが処理できるようになり、業務効率化だけでなく、転記ミスを減らすことも実現しました。

RPA×OCRの業務フローイメージ

RPA×OCRのサービスのご紹介

グローシップ・パートナーズでは、ロボオペレータをはじめとした多くのRPAツールを取り扱っております。また、理論上100%の読み取り精度を誇る「AI OCR LAQOOT」の紹介も行っております。RPA導入の際には、是非ご検討ください。

TOP >  RPA×OCRソリューション

コンサルタント採用 グローシップ・パートナーズfacebook