AI/Analyticsビジネスでの活用方法 | グローシップ・パートナーズ株式会社

AI/Analytics
ビジネスでの活用方法

安価なクラウドサービス登場と無償の分析ツールの利用により、実際の意思決定においても人工知能(AI)が使われはじめています。


@たかひろ

もくじ


おすすめポイント


  • いつでも好きな時に利用できます。
  • お試し利用を歓迎します。
  • 分析時間は、情報量で調整できます。

1.AI/Analyticsビジネスの進め方

利用価値とは何でしょうか。眠っているデータはいつまで経っても付加価値を見出せません。
ビジネスを支える判断と時間をGSPでは全力でサポートします。

howto_0

2.1 クラウドを活用した分析手法

分析結果を判断するのは今後も人間による価値・創造によって実現します。
従来から存在するいくつもの分析手法は、その判断を迅速かつ的確にするため多角的な視点と経験を後押しのための道具に過ぎません。

howto_1

    • データ分析が容易にするための分析能力が高いツールを数多く準備されています。
      また、それを可視化をするための仕組みを持ち合わせております。
    • 高スペックなマシンを短時間で制御することができます。
    • 圧倒的なパワーを利用することで早く、結果を入手することが可能です。
    • 判断材料となる多数のデータが、高い確率で分析することをサポートします。
    • 従来の分析はデータのクレンジングに非常に時間を掛けており、高コストの要因になっております。
2.2 機械学習によるデータ分析

AI(人工知能)は従来から存在するパターン分析を機械化したものです。過去にも様々な分析手法が考えられてきました。分析結果が意味するものは何でしょうか。改めてデータの活用を検討してみませんか。高機能なマシンを短時間で必要な時間だけ利用できる時代がやってきました。データ量によって、分析時間は変わりますが、新しい発見を一緒に見出していきましょう。

howto_2

oracle_pkg

3.ご提供イメージ

基幹システムや入手可能な様々なデータを分析や機械学習をさせることにより、傾向分析を行います。分析レポートは同じ手法であれば、手間や費用を増やさずにご提供することができます。
  • データ準備
    bi_source
  • クラウドを利用した機械学習
    ai_analisys
  • 分析結果をご提供
    bi_report_sample

TOP >  AI/Analytics
ビジネスでの活用方法

コンサルタント採用 グローシップ・パートナーズfacebook