低コストシステム運用監視サービス「AIクラウドオペレーション」のご紹介 | グローシップ・パートナーズ株式会社

低コストシステム運用監視サービス「AIクラウドオペレーション」のご紹介

一般的なシステム運用監視における現状課題

現在、多くの会社で様々な用途の多彩なサービスがシステム化されます。

しかし、システムの運用支援(見守り)は複雑化している傾向が見受けられます。運用支援ではどのような問題点を抱えているのでしょうか。

クラウドファンディング事業者におけるシステム監視の課題

投資型クラウドファンディングの事業運営には24時間365日の障害体制が法的に要求されております。

そのため、発生するシステム運用のログを速やかに認識し、適切に対応する必要があります。

システム運用監視の自動化·AI化の必要性

24時間365日の安定稼働を低コストで実現するためには、システム運用監視の自動化・AI化の必要性があります。

GSPのシステム運用監視サービスの主な機能

GSPのシステム運用監視サービスはクラウド上で稼働するSaaS型サービスです。

システム運用監視サービスの構成図

SaaS型サービスで実現するシステムは『監視対象サーバあるいはネットワーク機器を自動監視し、対象システムの異常検知を自動化』します。

< 基本サービス概要 >

・オープンソースの監視ツール「ZABBIX」を利用する。

・監視および動作状況を検知する仕組みをテンプレート化する。

・監視対象項目は事前に非機能要件定義から閾値を設け、異常値と判断された情報をメールにて通知を行う。

< システム構成 >

システム運用監視サービスの環境はクラウド上に構築する。

システム運用監視サービスのオプション機能

システム運用監視サービスでは、オプション機能としてAI化あるいはBIを利用したレポート機能を持たせ、よりハイレベルな運用サポート実現することが可能となります。(準備中)

TOP >  低コストシステム運用監視サービス「AIクラウドオペレーション」のご紹介

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook