オラクルクラウド移行支援サービスのご案内 | グローシップ・パートナーズ株式会社

オラクルクラウド移行支援サービスのご案内

オラクルクラウド移行支援サービスのご案内

 

そのサービスをクラウド化しても大丈夫でしょうか。

オラクル社パッケージをオンプレミスの移行元からオラクル社以外のクラウドを利用した場合に製品サポートを受けられない可能性があります。

弊社はオラクル社認定パートナーです。御社内システムの状況をヒアリングしながら、利用用途をくみ取り、それに合わせたコンサル支援をご提供する事ができます。

他社事例についても、オラクル社の支援を通じて、都度最新化しております。各社が理想とするクラウドビジネスを安心して継続するためには専門的な知識が必要です。弊社はパートナー制度を遵守しており、安定的なサービスをご提供するノウハウを一緒に構築していくことが可能です。

 

次のようなケースを解決します
  • ケース①…最新OSに移行したい。
  • ケース②…古いミドルウェアを刷新したい。
  • ケース③…社内に設置しているサーバをどうにかしたい。

オラクルクラウドのおすすめ

 

オラクルクラウドで提供されるサービスは業界標準サービスと同等のサービスを安価に提供しております。基幹システムに限らず部門内、社内情報システムをクラウド化することができます。

クラウドのメリットであるストレージの低価格化は定評があり、自由度の高い組合せを弊社からご提案致します。お見積りや対象サーバの組合せ検討があればお気軽にお問合せください。ご相談承ります。

クラウド化における3つの成功要因は以下の通りです

成功要因
  • その①…サービスの柔軟な切り替え
  • その②…短期間で移行を実現
  • その③…運用コストの引き下げ

御社内で運用されている社内管理システム(ホームページ、ファイル共有、デモ環境などイントラネット環境)を運用するサーバに対してもご検討できます。

『クラウドxオンプレ』の活用方法からベンダー利用情報まで様々な角度や視点を加え、より良いサービスへの変革へご一緒します。利益確保のため、成功事例をご一緒に創造しましょう。

※Oracle Cloud InfrastructureOCI): https://www.oracle.com/jp/cloud/

オラクルクラウド移行支援サービスのご案内

 

オラクルクラウド構築を開始するための移行作業の進め方は次の通りです。

移行対象システムに対して段階的に検証を行い、データ準備および移行から切替のご支援します。その後の運用支援についても一貫したコンサルティングサービスご提供できます。下記のプランはウォータフォール型の一般的な進め方となります。

実際のプロジェクトでは予算、スケジュール、目的に合わせてご提案、調整し、具体的な作業タスクへと詳細化します。

  1. 検証・企画作成
  2. 設計・構築
  3. アプリケーションテスト
  4. データ移行
  5. 切替
  • 方式検証
  • 計画作成
  • アップグレード検証
  • データ移行検証
  • サーバ設計
  • 移動検証、性能検証
  • 運用設計
  • 運用機能修正
  • アプリの修正
  • OCI構築
  • OCI移行
  • データ移行設計
  • テスト準備
  • 業務テスト
  • 性能テスト
  • データ移行テスト
  • データ移行準備
  • データ移行テスト
  • データ移行
  • 切替準備
  • 切替リハーサル計画
  • 切替リハーサル
  • 運用テスト
  • 本番切替
  • 事例

    スクロール通販事業の受発注を支える基幹システムのOracle Cloud Infrastructureへの期中移行を実現​

    〜 巨大な基幹システムとそのデータの移行を22時間という短時間で実現 〜​

    基幹システムの移行事例イメージ

    当社は、株式会社スクロールが進めるICT基盤刷新のメインベンダーとして、通販事業の受注管理を支える基幹システムの「Oracle Cloud Infrastructure」移行を22時間という短時間で実現しました。

    コロナ渦の巣ごもり需要で急増する、1日約15万件のトランザクションを処理する巨大な基幹システムとそのデータを、ビジネスを停止させることなく移行を完了させることができました。

    基幹システムをOCIへ移行することで、セキュリティ、性能、柔軟性、拡張性、可用性のメリットを活かし、ITの運用管理の軽減およびインフラ基盤に係るコストを最適化しながら、市場やお客様の変化に応じたビジネスやサービスへの迅速な対応を可能にしております。​


    〜本事例の特筆すべき点〜​

    今回の基幹システムOCI移行において特筆すべき点は、急増するトランザクションに対応するために年末年始を迎える前に、17台ものサーバーにまたがる巨大な基幹システムアプリケーション群とその膨大なデータを、日曜日の午前11時から翌月曜日の午前9時の僅か22時間という短時間にEDI受注から出荷・物流までといった基幹業務に影響を与えない形で切り替えを完了させたことです。​

    現在、基幹システムは24時間365日稼働し、1日あたり、1拠点で約15万のトランザクションを処理しています。オンプレミスやプライベート・クラウドではボトルネックになりがちだったIOPSの性能課題が解消され、システムの基礎性能や処理スピードが向上したほか、ビジネス拡大やサービス増加によるシステム拡張にも動的に対応することができます。また、受発注の季節変動によるトランザクションの増減にもリソース増減することで対応でき、ITの運用管理の軽減およびコストの最適化にもつながっています。

    コスト最適化

    信頼性・障害性・可能性の確保

    拡張性・柔軟性

    TOP >  システム構築・運用保守 >  オラクルクラウド移行支援サービスのご案内

    オンライン説明会開催中

    (毎週水曜日、18時~)

    グローシップ・パートナーズfacebook