RPA導入による社員の意識改革とは | グローシップ・パートナーズ株式会社

RPA導入による社員の意識改革とは

昨今注目されるRPA導入ですが、多くの企業では業務自動化・業務効率化に期待されていることが多いです。しかしRPAがもたらす恩恵はそれだけなのでしょうか。RPA導入による副次的効果にはどのようなものがあるのか考えていきたいと思います。

現場が主導するRPA導入とは

通常のシステム導入では、社内の情報システム部が主導となり、業務担当者への業務ヒアリング、業務手順書の作成といった事前調査が重要となります。ただこの開発前でのコミュニケーションにて食い違いがあり、現場の業務担当者が思い描いていたシステムとは違うものになることは往々によくあるお話しです。

ただしRPA導入に関しては、前提が異なります。
RPAツールは、プログラミングのような難しいIT知識を必要としないため、情報システム部に頼ることなく、業務を熟知した現場担当者がRPAロボットを作成し、システム導入を主導していくことが可能です。

導入のイメージ

RPA導入による業務効率化について

現場が主導となるRPA導入は、定型業務の自動化によって社員への業務負担を軽減し、残業時間の削減や働き方改革への取り組みに貢献するのは言うまでもありません。
ただRPAの一番の目的は、業務時間の削減ではなく、生産性のある業務へ取り組む時間の創出とされることが多いです。つまり普段は事務作業や反復業務に追われている担当者が、本来取り組むべき販売活動、コミュニケーション業務、管理業務などへ優先して時間を割けるようになることが期待されるのです。

RPA導入による副次的効果とは

冒頭で記載した現場主導のRPA導入の場合、現場の社員たちにも様々な変化をもたらすと言われます。

まずひとつの変化とはITリテラシーの向上です。
一部のRPAツールはプログラミング知識を必要とせず、簡単にロボット作成に取り組めます。ただしロボットを作るためにはIT的な思考力は身に着けていく必要があります。ロボットに業務を教えるためには、普段は直観的に行っている業務をひとつひとつ手順に落とし込んでいきます。また業務を繰り返し行うためには、ループ処理や条件分岐といったコマンドを使用する必要があり、それらをフロー化していくことも情報処理能力の強化につながると考えられます。
決して高度なIT知識ではないですが、社員全体のITリテラシー向上は企業にとっては嬉しいものではないでしょうか。

またこうした取り組みは社員の業務に対する姿勢や意識にも影響を与えます。

RPA導入前には必ず、「業務の洗い出し」や「業務フローの整理」など業務全体を見直す機会があります。弊社のお客様の声でもありますが、あらためて業務整理を行うと、これまで行ってきた業務における煩雑になっている点に気が付くことがあるとのことです。そのためRPA導入に合わせ、業務フローの見直しをされたとのことです。

こうした業務改善の機会は社員への業務効率化への意識を芽生えさせます。日ごろから社員が業務を効率的に行っているかを見直すようになり、生産的な行動を心掛けるようになったとの意識調査もあり、当初の目的にはなかった副産物と言えるでしょう。
もしかするとRPAによる業務時間の削減ではなく、こういった社員ひとりひとりに芽生える意識こそが真の働き方改革なのかもしれません。

尚、本章では語れなかった詳しいRPAの導入・最適ツールに関しては、弊社にてWEBセミナーをご用意しておりますので、実際にご覧いただき、ご参考にしていただければと思います。

その他詳しい製品情報は以下のアクセスよりご覧いただけます。
ロボオペレータの製品情報
RPA導入WEBセミナーのご案内

TOP >  RPA導入による社員の意識改革とは

コンサルタント採用 グローシップ・パートナーズfacebook