必ず成功するRPA導入アプローチ | グローシップ・パートナーズ株式会社

必ず成功するRPA導入アプローチ

 

RPAの現状とRPA導入失敗の原因とは

働き方改革や人手不足、ニューノーマル時代の到来により、業務効率化が各企業の経営課題となっております。 こうした背景から、多くの企業がRPAに期待を寄せていますが、実際にRPA導入が成功しているケースは多くありません。 その原因は、IT技術者がロボットを開発するアプローチにあります。

 

 

第一に、IT技術者はITのプロであっても業務のプロではありません。 業務担当者がIT技術者に業務の内容を教えるために手順書の準備や多くの業務ヒアリングに対応する必要があるため、業務担当者に大きな負担がかかります。

第二に、業務自動化や修正対応の順番が他の部門も含め全社内の中で決まることです。 そのため、自分の業務の自動化や業務変更、エラー発生に伴うロボット修正を依頼してもタイムリーに対応してもらえないと言ったケースが発生します。

 

 

これらの問題が積み重なった結果、導入がうまく進まず、最悪の場合、時間と手間の割に導入効果が見合わないと判断され、RPA導入そのものを断念することもありました。

 

必ず成功する「業務担当者主導のRPA導入アプローチ」とは

時間と手間を省きスピーディに効果を出して、RPA導入を成功させるためには、業務担当者主導でRPA導入を推進するアプローチが有効です。 このアプローチでは、業務を熟知した業務担当者が自らの手でRPAツールを操作してロボットを開発します。 作ったロボットを日々の業務で使いながら業務手順の変更や発生したエラーに対して改良・修正を行い、ロボットの完成度を高めていきます。

 

 

業務担当者がロボットを開発するメリット

業務担当者がロボットを開発することで業務ヒアリングにかかっていた時間と手間を省き、すぐにロボット開発に着手できます。 さらに、業務内容を正確に反映したロボットを作ることができ、ロボットの修正・改良もタイムリーに行えます

 

 

失敗しないためのポイント

ロボット開発に慣れていない導入初期のうちから複雑な業務の自動化に取り組むと、開発に苦戦して挫折してしまうことがあります。

途中で挫折することなくRPA導入を成功させるために日々の繰り返し作業や単純作業などを見つけ次第、その中で簡単に自動化できる手順の業務から着手することがポイントです。 小さい規模の業務から自動化することで、まず小さな導入効果を確実に創出できます。 こうして小さな導入効果を着実に積み重ねることで、将来的に大きな導入効果を創出できるのです。

 

 

業務担当者がロボットを作れるRPAツール

業務担当者がロボット開発を行うには、プログラミング知識不要で簡単にロボットを作れるRPAツールを活用することが必須です。 現在、市場に多くのRPAツールがありますが、中でも「ロボオペレータ」は、見やすい開発画面直観的な操作性が特徴的で、業務担当者自らの手でロボットを簡単に開発できます。 「ロボオペレータ」を積極的に活用することで、ExcelやWordなどと同じように、日常的にRPAツールを使いこなせます。

 

ロボオペレータロゴ
  • 業務担当者主導で導入できる使い易い国産ツール

  • 月単位で利用でき簡単かつスピーディな導入が実現可能

  • 国内で1,400社以上3,000ライセンス以上導入済み

 

業務担当者主導のRPA導入が持つ可能性

業務は日々細かく変化するため、従来のアプローチ通りにRPA導入を進めると、その変化に対応できず、なかなか効果が出ません。 業務担当者が自らの手でロボットを開発するアプローチは、素早く実業務にロボットを導入できてタイムリーに日々の変化に対応できます。 加えて、簡単にロボットを開発できる「ロボオペレータ」も活用することで、日常的に業務の自動化を行うことができ、RPA導入を必ず成功させられます。

お問い合わせ先

業務担当者主導のRPA導入やロボオペレータに関するお問い合わせは、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
グローシップ・パートナーズ株式会社
RPA担当 rpasupport@growship.com

TOP >  必ず成功するRPA導入アプローチ

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook