ネクストシフトの「ネクストシフトファンド」の提供基盤クラウドファンディングシステムを構築 | グローシップ・パートナーズ株式会社

ネクストシフトの「ネクストシフトファンド」の提供基盤クラウドファンディングシステムを構築

グローシップ・パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:松井 晴彦、以下グローシップ・パートナーズ)は、ネクストシフト株式会社(本社:鳥取県八頭郡、代表取締役社長:伊藤 慎佐仁、以下ネクストシフト)が提供しているマイクロファイナンスプラットフォーム「ネクストシフトファンド」向けに、投資型クラウドファンディング基盤システム「CrowdShip Funding」を構築しました。
「USiZE パブリッククラウドモデル(AWS)」は、世界で豊富な実績を持ち、多様なサービスメニューを展開するアマゾンウェブサービス(以下、AWS)を、より便利にご利用頂くためのサービスです。AWSを活用したシステム構築のご相談から、導入、運用監視、請求書対応まで、一括でサポートします。

1.背景

日本国内において設定されている上限金利によって投資に対する高い利回りが期待できない一方、近年の東南アジア地域における経済発展は顕著で、この地域に対してより大きな利回りを期待して小口投資をする、マイクロファイナンスという手法が金融商品として注目されています。マイクロファイナンスの担い手は政府系銀行やマイクロファイナンス金融機関など複数ありますが、近年ではクラウドファンディングの仕組みを用いて不特定多数の人々からお金を集める民間の情報産業サービス企業も参入しており、ネクストシフトの「Nextshift fund」は、2018年3月に、カンボジア向けのマイクロファイナンスサービスとしてリリースされました。

2.クラウドファンディングシステム「CrowdShip Funding」の特長

基盤システム構築では、グローシップ・パートナーズはこれまでの実績やノウハウに基づく適切なソリューションで、本プロジェクトの成功に貢献しました。

(1) 当局対応

当局対応、許可取得、業務設計、アプリケーションのセットアップまで、クラウドファンディング事業立ち上げに必要なすべてのプロセスに対して、サービスを提供しています。

(2) 事業運営機能の標準搭載

投資家管理、ファンド管理、法定帳票、マイナンバー連携、クラウドファンディング事業に求められるシステム機能を網羅的に標準機能として備えています。

3.「ネクストシフトファンド」概要

「ネクストシフトファンド」は、独自のネットワークで発掘した国内外の社会課題の解決につながる事業と投資家様からの投資資金とをつなぎ、「貧困」・「教育」・「環境」・「地方創生」などのあらゆる社会問題解決への貢献と、投資家様への経済的リターンを同時に追求することを目指すプラットフォームです。
「ネクストシフトファンド」を介して投資した資金は、マイクロファイナンス機関を通じて中小企業、農家の生活改善、雇用創出などにつながります。ソーシャルレンディングのスキームを活用することで、融資を必要とする企業や個人に対し、ネクストシフトファンドを通じて投資という形でお金を貸し出し、返済金利の一部を投資家様に分配する仕組みとなっています。

TOP >  ネクストシフトの「ネクストシフトファンド」の提供基盤クラウドファンディングシステムを構築

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook