RPA不動産業界導入事例 | グローシップ・パートナーズ株式会社

RPA不動産業界導入事例

不動産業界のビジョンと求められる業務効率化

令和時代における不動産業界のビジョンがまとめられた国土交通省発表の『不動産業ビジョン2030』によると、不動産業界は人口減少や最新技術の発展などにより急激で大規模な市場変化が余儀なくされています。その一方で、企業のテレワーク導入によるシェアオフィスへのニーズ拡大やESG投資・クラウドファンディングへの投資拡大などの事例から今後も市場としての成長が期待されています。また、不動産分野における生産性向上を実現させ、既存サービス拡大や新規ビジネス創出などへ繋げるために、AI、IoT、ロボット等の最新IT技術の活用が各不動産会社に求められていくことも予想されています。

このような期待があるにも関わらず、不動産へのIT投資は他業界と比べてあまり行われていないのが現状です。その理由として、対面営業を主流としたビジネスモデルであったことに加えて、不動産業に従事する年齢層が高くITリテラシー自体が成熟していなかった点が挙げられます。しかし、今後は人口減少や少子高齢化により人材が減っていくため、ITを導入して不動産業務を効率化し市場変化に対応していくことが必要です。

特にRPAツールの導入は、既存システムの改善やリプレースに比べて安価に抑えることができ、かつ短期間で効果を上げることができます。RPA導入を行うことで、業務や事務作業の自動化による業務効率化を実現でき、より価値のある業務へ人材を投下できるようになります。また、不動産業務では決められた処理や作業で構成された定型業務が多くあるため、RPA導入に適しており、導入事例も着実に増えてきています。

不動産業界のRPA導入事例

WEB上の物件情報収集業務

自社開発の物件を販売しているデベロッパーのA社では、自社物件の相場感を把握するため、近隣の物件情報を収集する業務を行っていました。物件情報サイトにアクセスして自社物件の場所など細かく検索条件の入力設定を行う作業が非常に手間でした。更に物件情報は日々変化していくため、毎日数十~数百件ものデータ収集を行う必要があり、担当者へ大きな負担がかかっていました。

RPAツールによって作成された物件情報収集ロボは、毎日決められた時間にサイトにアクセスして検索項目の入力、情報収集を行い、収集後には保存した情報ファイルを担当者へメールで送信します。その結果、業務負担削減だけでなく、担当者がデータ分析や営業戦略策定に充てる時間を創出する効果も上げています。

自社WEBサイトへの物件情報掲載業務

不動産仲介会社のB社では新たに取得した仲介物件の情報を自社のWEBサイトへ掲載する業務がありました。担当者が手作業で物件管理システムから掲載する物件情報を取得して、物件情報サイトに入力していました。物件管理システムの検索条件や物件情報サイトなど入力処理ステップの多さや物件情報が時期によってバラバラであり業務量が安定していないことが担当者に負担がかかる業務フローや業務量平準化の面で課題でした。

RPAツールを活用して物件情報の検索からサイトへの入力を自動化し、最終チェックのみを担当者が行うようにすることで、業務負担削減や効率化だけでなく業務量の平準化も効果として上げました。

テナント申込情報の契約書作成業務

不動産仲介会社のC社では、顧客から受領したテナント申込情報を契約管理システムに入力して契約書面を作成する業務を自動化しました。申込対象の物件が自社で管理している賃貸物件か仲介物件を判断し、仲介物件であれば不動産管理会社を参照して、契約書面を作成する必要がありました。そのため、担当者が目視と手作業で業務を行っており、入力ミスなどがよく発生していました。

RPAを活用して、ルールに基づく申込情報の判断作業やシステム入力作業を自動化することで、効率化だけでなく入力ミスの削減も実現しています。

メール記載のセミナー参加情報を基幹システムへ登録する業務

不動産投資を手掛けているD社では、定期的に不動産投資セミナーを開催しています。それに伴って、顧客から受けた申込メールの情報を社内のデータとして基幹システムに登録する業務ですが、単純な転記作業ながら処理する量が多く、担当者に大きな負担がかかっていました。

RPAを導入して、申込メールの内容を基幹システムに自動転記し、取得したデータをリスト化して担当者にメールで送付する作業を自動化しました。これにより、担当者は申込情報の確認を行うだけでよくなり、業務負担の減少に成功しました。

不動産業界とRPAのこれから

各事例の業務に共通していることは、ルール化、データ化されており、繰り返し大量に行っている点です。一般的にこれらの特徴を満たした業務はRPA導入による効果が出やすいと考えられています。不動産業務は明確なルールが決められていることが多く、電子化が進んでいくと予測できるため、RPA導入の効果が期待できます。また、将来の市場成長を実現していくための高付加価値業務への集中や労働時間の削減というのも今後のRPA導入の大きな目的になりそうです。不動産業界においてIT化が進展していく中で、更なる業務効率化のためにもRPA導入が必要不可欠になっていくと考えられます。

お問い合わせ

RPA導入やRPAツールについてご質問等ございましたら以下のアドレスよりお気軽にお問い合わせください。
RPA担当:rpasupport@growship.com

 
 
 
 
 

関連ページ

TOP >  RPA不動産業界導入事例

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook