管理部門が主導する理想的な業務自動化とは? | グローシップ・パートナーズ株式会社

管理部門(経理、人事など)が主導する理想的な業務自動化とは?(RPA導入アプローチ)

昨今、「テレワーク推進」や「フレックス勤務」による働き方改革が急速に進む中、ITを駆使した業務自動化・業務効率化への期待感が高まっています。その中でもRPAによる業務自動化は、多くの企業でも実際に導入され、効果が実証されており、世の中での認知度も高まっております。

ただしRPAはあくまで指定された指示を高速で正確に繰り返すことが可能であり、多くの情報や法則から導き出される「判断」という行為はできません。そのため難しい判断を必要とせず、誰でもがマニュアルに従って処理できる業務(定型業務)の自動化において、その力を発揮しやすいです。

今回は定型業務が多いとされる「管理部門」での業務自動化やRPAの導入に関して、言及していこうと思います。

管理部門での定型業務

管理部門とは、総務・経理・人事・法務・労務などの社内を支える重要な基盤であり、会社の重要な資産である「カネ」や「ヒト」に関する定型業務を多く抱えています。各部門に代表される定型業務は以下のようなものが例として挙げられ、いずれも部門ごとの人的リソースを圧迫していると考えられています。

特に経理部門ではデータの加工・作成が多く、RPAによる自動化が適応できる範囲が広いと言われており、また人事部でも採用以外の人事業務や労務関連業務でも多くの作業が代行可能と考えられます。

では実際にRPA導入はどんなことから取り組めば良いのかを考えていきたいと思います。

RPA導入について

通常のシステム導入では、社内の情報システム部が主導となり、業務担当者への業務ヒアリング、業務手順書の作成といった事前調査が重要となります。ただこの開発前でのコミュニケーションにて食い違いがあり、現場の業務担当者が思い描いていたシステムとは違うものになることは往々によくあるお話しです。

ただしRPA導入に関しては、前提が異なります。
RPAツールは、プログラミングのような難しいIT知識を必要としないため、情報システム部に頼ることなく、「管理部門」の業務担当者がRPAロボットを作成し、システム導入を主導していくことが可能です。
また業務担当者がロボット作成方法を学ぶため、業務変更に対するロボットの修正・改善もその場で容易に行うことができ、わざわざ誰かに頼む必要もありません。

このような業務担当者が主導となるRPAは、導入スピードが早いことが利点のひとつですが、業務を深く理解されている「管理部門」の担当者が直接ロボットを作れることが最大のメリットと言えます。

導入のイメージ

RPAの存在意義

これまでのことからRPAは、管理部門における業務改革を自らの手によって、推進していけることがお分かりいただけたかと思います。

当然ながら情報システム部にしか対応できない複雑なIT案件は数多く存在します。その中でRPAは業務知識に精通した方々が自力で業務効率を改善していける点に大きな価値があります。

最後に忘れないでほしいこととして、RPA導入による本来の目的は、時間の創出による「クリエイティブで生産性のある仕事の創造」であることです。
システム導入となると、労働人材の代替や労働時間の削減といった面に目が行きがちですが、あくまで人間の仕事を手助けするという位置づけです。

より管理部の方々が舞い込んでくる「定型業務」の数々に時間を割くのではなく、社内環境をより良くすることへ尽力するための支援になることを願っております。

また本章では語れなかった詳しいRPAの導入・最適ツールに関しては、弊社にて体感セミナーをご用意しておりますので、実際に目で見て触れることでご参考にしていただければと思います。

グローシップ・パートナーズでは、現場主導のRPAツールとして『ロボオペレータ』をご提供しております。
詳しい製品情報は以下のアクセスよりご覧いただけます。
ロボオペレータの製品情報
ロボットを作って体感!ハンズオンセミナーのご案内

管理部門において、各事業部別に事例を公開しております。RPAをご検討の際は、合わせてご参照ください。
経理部の導入事例
人事部の導入について
総務部の導入事例

TOP >  管理部門(経理、人事など)が主導する理想的な業務自動化とは?(RPA導入アプローチ)

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook