DX(デジタルトランスフォーメーション)とRPA | グローシップ・パートナーズ株式会社

DX(デジタルトランスフォーメーション)とRPA

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「有効的なIT活用によって、人々の生活を向上させていく」と言う概念であり、2004年にスウェーデンの大学教授によって提唱されました。日本においても2018年に経済産業省がDXレポートを発表しており、DXはAIやクラウド、ビッグデータなど最新のIT技術やテクノロジーを活用して、ビジネスを最適化し、高付加価値の創出と競争力向上を実現していくことと定義しています。

DXレポート内では2025年の崖問題にも触れており、DXが推進されなければ既存システムの老朽化やレガシー化、エンジニア人材の不足などにより年間最大12兆円の経済損失が発生すると警鐘を鳴らしています。更に、2020年8月に行われた「デジタルトランスフォーメーションの加速に向けた研究会」では「全社的な危機感の共有や意識改革のような取り組みにはいたっていない状況」と評価しており、DX推進が各企業にとって必要不可欠な経営課題であると考えられます。

経産省は、DX推進は外部環境(顧客、市場)の破壊的な変化への対応と内部環境(組織、文化、従業員)の変革を行うことであると指摘しています。特に内部環境の変革では、“現場の業務担当者”が業務改革の意識を常に持ってITと業務を一体化させた業務改善を行う「業務プロセス変革」の推進が重要です。IT部門主導のシステム導入によるデジタル化や自動化、効率化では“現場の業務担当者”の意識を醸成することができないため、DX推進に当てはまらないことに十分注意する必要があります。

また、DX推進は3つのフェーズに区分されます。
・第1フェーズ:IT利用による業務プロセス強化
・第2フェーズ:IT活用による業務自動化
・第3フェーズ:ITと業務の一体化による業務改善
第1フェーズでは、紙伝票や伝言で行っていた業務におけるインプットをITに置き換えて、標準化や効率化、品質向上を図っていきます。第2フェーズでは、ITに業務を代行させて、更なる効率化や品質向上による生産性の向上を実現します。第3フェーズでは、ITと業務を一体化させて、継続的かつ高速な業務改善で最適化な業務の状態を維持する環境を創出していきます。

(図 デジタルトランスフォーメーションのフェーズ)

DXにおける RPAの役割とは

業務プロセス変革を推進するには、現場の業務担当者がITを活用して業務プロセスの改善を行い、効率化・最適化を実現していく必要があります。その中でプログラミング知識不要でロボットを開発できるRPAツールは3つの役割を果たします。

第一の役割とは、業務自動化による生産性の向上です。RPA導入により、営業事務や経理、人事、総務などのバックオフィス業務を自動化してコスト削減や業務品質向上、業務時間の削減を行います。そして、業務自動化で空いたリソースをより付加価値の高い生産的な業務へ投下することによって更なる価値の創出を実現できます。

第二の役割とは、社内全体のITリテラシーの向上です。現場の業務担当者は、RPAツールを活用した業務改善を行う上で、RPAで自動化できる業務と自動化できない業務の判別を行う必要があります。こうした判別を繰り返し行うことで、システムに任せる業務と人が行う業務を適切に判断して業務設計を最適化していくことができるようになります。その結果として、新規にシステムを導入する際に現場視点の業務設計を取り込んで、より業務自動化や効率化の効果があるシステムを作り上げることができます。

第三の役割とは、現場の業務担当者が業務に対して課題意識を持って行動する文化の醸成です。RPAツールを活用するためにRPA化の対象業務選定や業務プロセスの整理など業務全体を見直していく必要があります。現場の担当者が常に業務を見直していくことで、継続的な業務改善意識が醸成されていきます。組織文化として現場の業務担当者が業務改善意識を持つことで、業務改善を一過性のブームや一時的なプロジェクトで終わらせることなく継続して推進していくことができます。

業務プロセス変革を推進していく中で、プロセスマイニングやAIOCRなど様々な最新のITツールを活用していくことになりますが、数あるツールの中でもプログラミング知識不要で活用できるRPAツールは、重要な役割を果たします。そのため、今後DXを推進していく企業が増えていく中で、RPA導入も増えていくと考えられます。

関連ページ

TOP >  DX(デジタルトランスフォーメーション)とRPA

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook