DXとRPA | グローシップ・パートナーズ株式会社

デジタルトランスフォーメーションとRPA

近年、RPAが働き方改革における一つの選択肢として注目されてきましたが、その一方で、デジタルトランスフォーメーションという言葉も密かにブームを迎えつつあります。本記事では、デジタルトランスフォーメーションについて簡単な解説を行いながら、その中でのRPAの役割について説明していきます。

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation以下DX)とは、「有効的なIT活用によって、人々の生活を向上させていく」と言う概念です。ビジネスでは、「ITの活用によって事業業績や事業範囲を劇的に向上させていく」意味合いが強いです。また、経産省においても2018年にDXを推進するガイドラインが発表されており、現在に至るまで、レポート資料の発表や説明会・セミナーの実施が盛んにおこなわれています。そのため、今後DXが大きく推進されていくと予想されます。

DXに至るまでには、3つのフェーズがあるとされています。
・第1フェーズ:IT導入による業務の強化
・第2フェーズ:IT活用による業務自動化、生産性向上
・第3フェーズ:ITと業務が互いに影響を与えて、最適な業務プロセスを構築する状態
第1フェーズでは、基幹システムやERPなどを導入して、従来の業務をIT化させて業務の生産性を向上させる段階です。第2フェーズでは、RPAなどを活用して、業務の自動化および生産性向上を図ります。そして、最後に第3フェーズでは、ITと業務の現場が一体となって、業務改善を高速で行いながら業務を遂行していきます。
DXはこの第3フェーズの状態を指しています。

図1 デジタルトランスフォーメーションの段階

RPAの活用はDXにおいて第2フェーズであると述べました。この段階においてRPAは業務効率化や品質向上など、IT化された業務の更なる強化を行う役割を果たしています。
具体的には、RPAを活用して従来の業務を行いつつ、ITに業務を代替させていくことによって、人間が手作業で業務を行うことで発生する労働時間の長時間化やヒューマンエラーなどの制約を減らし、生産性や業務品質の向上に寄与しています。

図2 RPAによる業務効率化の事例イメージ図
(コラム「働き方改革とRPA」URL:https://www.growship.com/topics/column-wre-rpa/より引用)

また、RPAの活用は第2フェーズとされていますが、最近では第1フェーズにも影響を与えていきます。例えば、RPAにOCRを組み合わせて伝票や契約書などの紙媒体の情報を電子化させて業務自動化の対象にするようになった事例は、業務のIT化である第1フェーズと業務自動化の第2フェーズを同時に行っていることになります。

図3 OCR、RPAそれぞれの段階

基幹システムやERPの導入が盛んに行われている現在において、ほとんどの企業は、第1フェーズは満たしていると考えられます。その一方で、次の段階である第2フェーズに踏み出している企業は、一部の大手企業に限られているのが現状です。DXを実現できなければ、データ活用重視のビジネスに乗り遅れてしまうことになり、企業としての競争力を失っていくことになっていきます。そのため、RPAなどによる業務自動化を積極的に行っていく必要になっていくと考えられています。当社では、RPAの基本的な説明だけでなく、実際のRPAツールを使用してハンズオンでロボットを作成するセミナーを開催しております。この機会にぜひともご検討ください。

➡RPAハンズオンセミナーはこちら
➡RPAツール「ロボオペレータ」の製品説明はこちら

TOP >  デジタルトランスフォーメーションとRPA

オンライン説明会開催中

(毎週水曜日、18時~)

グローシップ・パートナーズfacebook