RPA(Robotic Process Automation) | グローシップ・パートナーズ株式会社 GrowShip Partners Co.,Ltd.

RPA(Robotic Process Automation)

お客様のニーズにあわせ最適なロボットを提供します

rpa

RPAを導入する目的(業務や領域)、RPAを主幹になって利用する部門(事業部門あるいはシステム部門など)、
運用体制によって推奨するRPAソフトウェアは異なります。
グローシップ・パートナーズは、下記検討項目について当社専門家の目で精査の上、最適なソリューションを決定し、
経験豊富なコンサルタントによるRPA導入支援コンサルティング、ロボット開発支援、
ロボット開発後のトラブルシューティングを含めた運用サポートを実施いたします。

  • 処理能力(機能性、業務量対応力)
  • ロボット管理/運用性能
  • 処理方式(画像認識、HTML認識)
  • ライセンスフィー、導入費用
  • 操作性、開発容易性、保守性(メンテナンスビリティ)
  • 既存周辺システムとの連携性(I/F、API)
  • アーキテクチャ(サーバー型、スタンドアロン型)
  • 堅牢性/セキュリティ

定型業務の自動化によるオペレーション改革により、企業の生産性を高め、ビジネス価値を提供いたします


多様かつ複雑なシステムを抱える企業には、様々な業務上の課題があります。
グローシップ・パートナーズでは、現場業務を整理した上でRPAを活用し業務プロセスを最適化することで、貴社業務課題を解決します。

  • 膨大なルーティン作業

    膨大なルーティン作業

    月末月初は経費処理に追われてしまう

  • 低い作業品質

    低い作業品質

    ダブルチェックをしても入力ミスを防げない

  • 作業の属人化

    作業の属人化

    担当者がいなくなって作業内容が分からない

  • 人件費の過剰投資

    人件費の過剰投資

    伝票入力作業に大量の人材が必要

arrow

  • 業務プロセス標準化

    業務プロセス標準化

    業務プロセスの具体的な課題を洗い出し、オペレーションの標準化を実施

  • RPA導入

    RPA導入

    標準化対応後、定型業務はRPAを使ってオペレーションの自動化を実施

arrow

RPA導入の効果

グローシップ・パートナーズの強み


グローシップ・パートナーズのアプローチは、業務プロセスを標準化し、各プロセスの投資効果を
見極めた上でRPA導入を進めて行く為、RPAの期待効果を最大限に発揮することができます。

グローシップ・パートナーズの強み

導入効果の向上

プロセス変更を伴う標準化、社員の積極的なPJ参加・協力により、不要なオペレーションを改変し、
「品質向上」「生産性向上」「コスト削減」のスピードと導入効果を高めます。

サービスアプローチ


本サービスは、3フェーズに分けプロジェクトを推進していきます。POCフェーズで導入効果を検証/評価することで、
対象プロセスと導入効果を見極め、その後の本格導入で失敗することなく業務を最適化することができます。

流れ

流れ

オペレーション自動化イメージ

本サービスでは、定型化されたオペレーション範囲についてRPAを活用し、
「品質向上」、「生産性向上」、「コスト削減」を図ります。
オペレーション自動化におけるイメージは以下の通りです。

サービス全体像

サービス全体像

RPAとは


RPA(Robotic・Process・Automation)とは、認知技術(機械学習、ディープラーニング、AI、画像・音声認識)を活用し、
オペレーション業務の効率化を目的としたソリューションのことです。PC上のファイルやプログラム、
インターネット上のサイトやシステムへの操作を記録することで定型オペレーションの自動化が可能になります。

RPAとは

営業事務やバックオフィス業務を中心とした非効率な労働集約型業務をRPAを用いることで簡単に自動化できます。

TOP >  RPA(Robotic Process Automation)

コンサルタント採用 グローシップ・パートナーズfacebook